よくある質問

ご使用について

フードボウル(エサ入れ)と同様に、猫用トイレも猫を飼う際に欠かせない必需品です。基本的に、猫1匹につき1フロアあたり1つトイレがあれば良いでしょう。

これは放し飼いにしている場合も同じで、普段は外で過ごしている猫が、家に帰った後に室内で落ち着ける場所を用意してあげなければなりません。

高品質で掃除がしやすい、リサイクル可能なプラスチック製のトイレが良いでしょう。排泄時に猫が回ることができるだけの十分な広さが必要です。猫がおしっことウンチを別々の場所にすることも珍しくありません。

子猫の場合は、成猫のトイレよりも小ぶりでフチの高さも低く入りやすい、特別なトイレを用意する必要があります。

猫が何度も引掻いているうちにプラスチックにキズやひび割れができて汚物等がたまってしまうことがあるので、トイレは長くても2年ごとに交換しましょう。

屋根付きにするかどうかは好みによります。 多くの猫は屋根付きを好まない傾向がありますが、 屋根があってもなくても気にしない猫もいます。 いずれにしても、最も重要なのは十分な広さがあるかどうかです。 猫がぐるぐる回るなどして気に入った場所を探し、おしっこやウンチをして砂をかぶせるための十分なスペースが必要です。 屋根がないトイレであれば、フチにある程度の高さがあり、内側にカーブしていれば理想的です。 このような形状であれば、猫砂が外にこぼれる心配がありません。 もし少量トイレの外にこぼれたとしても、トイレの前にマットを敷いておくとともに、ハンドクリーナーを近くに用意しておけば安心です。

トイレは猫がアクセスしやすい場所に設置しましょう。 猫が楽に出入りできるように配慮しなければなりません。 子猫や老描であれば、階段を上がったりする場所は大変です。 なによりも、邪魔されず静かにトイレができるという、猫の自然な欲求を満たす場所であることが必要です。 例えば、窓の下などは適切な場所とは言えません。 エサ入れのすぐ近くに置くことも避けなければなりません。また、ドアの横など不意に邪魔が入ったりするような場所、洗濯機や乾燥機など大きな音がするような場所も避ける必要があります。

トイレのお手入れには中性洗剤を使い、お湯で洗います。 化学物質等の臭いがすると、猫はトイレを避けるようになってしまいます。 したがって、マツ、酢などの添加物、消毒剤、アンモニアを含んだ洗浄剤など、臭いが強い物は避けた方が賢明でしょう。 洗い終わったらよく乾かして、再びキャッツベストを5~7㎝位の厚さで平らに敷き詰めます。 おしっこで固まった部分および固形のウンチを定期的に取り除き、そこへ新たにキャッツベストを足していくことで、お手入れの回数を減らすことができます。 最初に敷いたキャッツベストは、最長7週間持ちます。

おしっこで固まった部分を取り除く際は、網目が7~9mmのトイレスコップが最適です。 これで固まった部分だけをすくいあげて取り除き、残りのきれいな部分はトイレに戻すことができます。

ニオイの原因はバクテリアと水分です。したがって、この両方に対処することが最良の対策となります。

キャッツベストは、ニオイが発生する間を与えることなく水分をあっという間に吸収して閉じ込めます。水分がないのでバクテリアも増殖せず、嫌なニオイも発生させません。

キャッツベストは、5~7㎝位の厚さで平らに敷き詰めてください。

固まりおよび固形の排泄物は定期的に取り除いてください。

生分解性のキャッツベストは、環境にやさしい方法で自然の資源サイクルに合わせて廃棄できます。

猫がオシッコをした後、少量の固まりであればトイレに直接流すことができます。キャッツベストはすぐに水に溶けて分解するので、トイレが詰まることはありません。 完全に入れ替える場合は、燃えるゴミとして処理するか、コンポスターで処理すれば、肥料としてもお使いいただけます。

※ お住まいの地域のゴミ捨てルールをご確認ください。

1回分程度の少量の固まりであれば、キャッツベストは完全に水に溶けるので、ご家庭のトイレに直接流して簡単に処理できます。 下水処理は地方自治体レベルでルールが決められているので、 お住まいの地域のルールをご確認ください。

もちろんです!キャッツベストは特に猫に適した製品としてトイレを快適な空間にし、衛生環境を整えるだけでなく、人と動物の健康で豊かな生活にさまざまな形で貢献します。

いいえ。猫の品種は関係ありません。 品種に関係なく猫は個人主義的な性格で、猫砂の好みも個体ごとに大きく異なります。 猫砂が気に入らなければ、通常はそれをハッキリと態度で示します。

特に小動物用に開発されているキャッツベスト ユニバーサルが、最適なソリューションを提供します。キャッツベスト ユニバーサルは猫だけでなくハムスターやモルモット、ウサギ、鳥など多種・多頭飼いしている場合に特におすすめの製品です。 毎日のお手入れも簡単で、 単体で使うことも他のキャッツベストシリーズと一緒に使うこともでき、 例えば水飲み場の周りなど特に湿気の多い場所への追加の床材として、その効果は試験・実証済みです。

ペレットタイプの猫砂、キャッツベスト スマートペレットがおすすめです。 猫の毛や足に付きにくい形状に加工されたペレットタイプなので、飛び散りやトイレの外に残る足跡が大幅に軽減されます。

猫がトイレを使わなかったりマーキングしたりすることには、さまざまな理由が考えられます。

猫の足は敏感です。粗い猫砂を使っていませんか?トイレは狭くありませんか?落ち着いて排便できる場所ですか?汚れていませんか? 健康上の問題はありませんか?環境が変わったことによるストレスは考えられませんか?あらゆる可能性を考えてチェックしてみてください。

キャッツベストは植物繊維の猫砂なので、たとえ食べてしまったとしても安全に消化されます。

万が一、異常がみられるときは、獣医師の診察を受けてください。

植物由来の原材料で作られているキャッツベストは、世界で最も高い人気を誇り最も売れている植物性猫砂です。 ドイツの森と科学から生まれた猫砂、キャッツベストは、世界65か国の愛猫家がその性能を高く評価し、支持しています。

キャッツベストは、密封し、湿気のない室温で保管しておけば、性能を損なうことなくいつまでも使用することができます。

猫の場合、嗅覚はいわゆるヤコブソン器官を介して感情に直結しているので、不快なニオイを人間よりも直接的に、より不快に感じます。 植物由来の猫砂であるキャッツベストは、自然な木の香りで感触も非常にソフトなので、猫の敏感な肉球にもやさしい手触りです。

性能について

キャッツベスト オリジナル: 天然素材がしっかりとニオイを閉じ込め、驚異的な消臭性を実現する、キャッツベストのスタンダードタイプ

キャッツベスト スマートペレット: 散らばらないペレットタイプ

キャッツベスト センシティブ: 敏感な猫の柔らかい足のために特別に開発された、粒が細かいタイプ

キャッツベスト ユニバーサル:猫砂としてだけでなく小動物の床材にも最適な、 固まらないペレットタイプ

化学物質を一切使用していない100%天然素材のキャッツベストは、生分解性でサステナブルな製品です。

原材料について

PEFC認証の二次木材から作られています。100%植物性の猫砂であるキャッツベストの製造のために新たに木が伐採されることはありません。

レッテンマイヤー社は1878年にドイツのローゼンベルクで創業し、今日全世界に31の生産拠点を展開しているグローバルな企業グループです。これらの生産拠点のうち9拠点が猫砂の製造に特化した工場となっています。また、26か国に営業拠点を置いているとともに、全世界を網羅した技術、物流、サービスネットワークを確立しています。

「PEFC」は「Programme for the Endorsement of Forest Certification Schemes(森林認証制度相互承認プログラム)」を意味し、 このラベルは持続可能な森林資源由来の木材を使用している製品であることを保証するものです。 キャッツベストは、PEFCに認証されている二次木材のみを使用しています。

2015年より一般消費者も国際PEFCオンラインデータベースにアクセスできるようになったので、PEFC認証のすべてのCoC(Chain-of-Custody: 加工流通過程の管理)について、最新の認証状況をチェックできます。

  • 自然な方法で効果的に吸水し、ニオイを抑制します。
  • 輸送時や持ち運びの際の重量が非常に軽い
  • 生分解性で肥料にできる
  • 香料を使わない、自然で心地よい木の香り
  • PEFC認証 – 持続可能な原材料の使用
  • 植物性の猫砂は、露天掘りで採掘される鉱物性の砂とは異なり、自然の景観を破壊しません。 また植物由来の猫砂は、鉱物系の製品とは違い、埋め立て処理となる廃棄物が出ません。その量は、ドイツだけでも年間40万トンにのぼります。

キャッツベスト センシティブ8L/20Lには緑色の粒が入っております。ヨーロッパでは「緑=衛生的」というイメージがあるため、粒を天然染料で着色したものです。品質・機能は変わりません。

キャッツベストはモミやトウヒなどの木材由来の原料で作られていて、特殊な技術により加工された植物繊維が水分とニオイを即座に吸収し、しっかりと閉じ込めます。

猫の場合、嗅覚はいわゆるヤコブソン器官を介して感情に直結しているので、不快なニオイを人間よりも直接的に、より不快に感じます。 植物由来の猫砂であるキャッツベストは、自然な木の香りで感触も非常にソフトなので、猫の敏感な肉球にもやさしい手触りです。

    Contact form


    Title*





    プライバシーポリシー